MENU

ラブレ菌が花粉症を防ぐ?ラブレ菌の効果とは!

 

 

テレビCMなどでよく耳にするラブレ菌。

 

乳酸菌の一つとして有名なので名前を聞いたことのある人はたくさんいるでしょうが、ラブレ菌の効果については詳しく知っていますか?

 

ラブレ菌にはたくさんの効果があります。

 

その中でも、日本人の多くが春に悩まされる花粉症にも効果があるんです。

 

今日はラブレ菌がどうして花粉症に効果があるのかお話ししたいと思います。

 

 

ラブレ菌とは?

 

ラブレ菌は、京都を産地とする「すぐき漬」というお漬物から発見された植物性乳酸菌です。

 

乳酸菌には、動物性と植物性があり、ラブレ菌は植物性です。

 

植物性乳酸菌の特徴は、腸まで元気に届き、腸の中でしっかりと増える力があります。

 

ラブレ菌はそんな植物性乳酸菌の中でもその力がとても強く、腸までしっかりと届きます。

 

 

ラブレ菌の大きなはたらきは、リンパ球にインターフェロンaというNK(ナチュラルキラー)細胞の動きを活発にする成分を作らせることです。

 

NK細胞は、ウイルスなどの細菌やがん細胞など人の体に悪影響を及ぼすものを退治する細胞ですので、ラブレ菌によって免疫力が高められます。

 

また、インターフェロンa自体にも免疫力を高める効果があることがわかっています。

 

ラブレ菌は免疫力を高める効果がとても高い乳酸菌なのです。

 

 

ラブレ菌の花粉症への効果

 

ラブレ菌の効果は乳酸菌ならではの整腸作用や、免疫力の強化ですが、花粉症の改善もそのうちの一つです。

 

花粉症の症状は、免疫細胞が体内に入り込んだアレルゲンである花粉を攻撃することで起こります。

 

免疫細胞の攻撃は、体内の免疫力が崩れているときほど起こりやすくなりますので、つねに体の免疫を保ってあげることが大切です。

 

 

長期間にわたってヨーグルトなどで乳酸菌を摂り続けている人が花粉症の症状の軽減を実感したという話も多くあります。

 

実際に、実験によってラブレ菌による免疫力の向上も証明されています。

 

ただし、ラブレ菌を飲んだからと言ってすぐに花粉症の効果が出るわけではありません。

 

こつこつとラブレ菌を摂り続け、体内の免疫を整えてあげることが大切なんですね。

 

 

ラブレ菌が花粉症に効果があるというお話しをさせていただきましたが、いかがでしたか?

 

ラブレ菌は生きて腸まで届き、花粉症にしっかりと効果がある乳酸菌のようですが、人の体には相性の良い乳酸菌と悪い乳酸菌があります。

 

もし、ラブレ菌が、あなたの体と相性が悪くても心配いりません。

 

他の乳酸菌でも免疫力を上げることはできます。

 

 

どんな乳酸菌が自分に合っているのかは、摂取してみないとわからないですよね。

 

そんな人にオススメなのが、乳酸菌革命です。

 

ラブレ菌を含む16種類の乳酸菌を配合で、効果的に乳酸菌を摂取できるサプリメントになっています。

 

 

あと数か月で花粉症のシーズンがやってきます。

 

毎年、辛い鼻水やくしゃみ、目の痒みなどの花粉症と戦っている人。

 

今年こそ早めから花粉症に対抗してみませんか?

 

乳酸菌革命があなたのお役に立つかもしれませんよ。

 

⇒乳酸菌革命の公式サイトはこちらから

 


このページの先頭へ